シンプルIoTボックス

「シンプルIoTボックス」でIoT 始めてみませんか?

遠隔地の状態をお手元のスマホやパソコンを利用し確認することができます!

<製品特長>

●簡単シンプル!
設置方法はシンプルIoTボックス本体のコンセントを電源(AC100V)につないでシンプルIoTボックス本体のケーブと専用センサーをコネクターで接続、あとはセンサーを確認したいところに取り付けるだけ、難しい配線工事や設定作業は不要です。取り付けたその日から簡単に遠隔地の確認がスマホやパソコン(インターネット接続が必要)でおこなえます。
*LTEルータの通信契約が必要です。  *LTEルータの通信費はお客様のご負担になります。

●WEBサーバー機能、メール送信機能を搭載
インターネットに接続されたスマホやパソコンから遠隔地の状態確認が可能です。
お使いのメールアドレスを設定すると、IoTボックスから状態をお知らせするメールを受け取ることも可能です。

●初めての方も安心
ご購入いただいた方を対象に「シンプルIoTボックス」の使い方セミナーを実施いたします。(半日)
*セミナー実施場所はロボットセンター小倉となります。

 

<WEBサーバー画面のイメージ>

 

<製品の仕様>

型式 デジタル入出力:
・入力3点(最大8点*1)  専用コネクターケーブル接続
・出力1点(最大8点*1)  専用コネクターケーブル接続
アナログ入力:
・入力1点(0-10V) 盤内端子台接続
通信方式 LTE(LTE-Advanced)*2
動作電源 AC100V
消費電力 約12W(最大)
使用環境 0℃~35℃(結露しないこと)
外形寸法 W450-D250-H150(コネクター含)
W350-D250-H150(BOX単体)
重量 約5.0kg(電源ケーブル、BOX側の専用コネクターケーブル含む、センサー及びセンサー側専用コネクターケーブルは含みません)

*1 本ユニット単体で最大8点までの拡張が可能です。拡張には専用コネクター増設が必要となります。
*2 LTE通信には通信事業者との契約が必要(nanoSIM)になります。

 

<製品のイメージ>

・シンプルIoTボックス(本体)
・検出器(シンプルIoTボックス専用入力機器)
①光センサー
こちらの検出器を表示灯に取り付けることで表示灯の光を検知することが出来ます。表示灯の発光面に取り付けることで表示灯の光を検出します。ボリュームにより受光する光の感度調整が可能です。
②ドアセンサー
こちらの検出器をドアに取り付けるすることでドアの開閉を検知することが出来ます。検出器はドア固定部取付用検出器とドア可動部取付用検出器に分かれています。双方の検出器が着いたり、離れたりするを検出します。
③近接センサー
こちらの検出器で金属を検出することができます。金属パーツの動きを検知。金属を検出する距離は近接センサーの種類により変化させることが可能です。
④光電センサー
こちらの検出器で通過物体を検出することができます。検出器は投光器と受光器に分かれています。投光器と受光器の間を通過する物体を検出します。


・表示器
  要望に合う表示器をご提案いたします


<導入事例>  シンプルIoTボックス導入事例はこちら

事例①製造業の設備稼働管理

光センサーを使ったシグナルタワーの点灯パターンによる状態取得

 

 

<基本セットの内容>

 

*ご購入のお客様へは「使い方セミナー」をご用意しております。
*電源投入後、すぐに状態監視ができます。
*お手元のスマホ・PCなどからインターネット接続できます。(Wi-Fiルーターのご契約が必要)
*ドアセンサー(磁石式)標準で付属【標準センサ単体販売¥10,000】
(他のセンサをご利用の場合は、センサを選びコネクタに接続するだけの簡単接続)
 ※付属ケーブル3m(延長ケーブルは別売りとなります)
*価格:お問合せください(使い方セミナー(半日)を含む価格となっております。詳細はIoT担当までお問合せください)
*通信費は別途購入者様負担となります。

※2020年4月現在情報です。商品の仕様・デザイン・価格等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

 

ご確認、ご購入については下記にお問い合わせください。
E-mail:info@robot-kitakyu.com
TEL:093-932-7480
(ICSSAKABE シンプルIoTボックス 担当)